予備校選びは慎重に

メモをとる男性の手元

医学部受験を専門にしている医学部予備校は、ほかの予備校と違い、医学部受験に特化した授業を展開しています。医学部予備校を選ぶ際には、自分にあった予備校を選択することが大切です。医学部予備校は主に2つに分けられます。一つは大手の予備校の医学部コースです。大手の予備校であれば、母集団が大きいので医学部受験に関するデータが豊富です。また費用も安くおさえることができます。ただし、多くは集団授業になるため、基礎学力がついていないと授業についていけなくなる心配があります。もう一つは医学部専門の予備校です。授業はマンツーマンで行われるか少人数のため、自分のペースに合わせて学習できます。各予備校の独自のカリキュラムや、サービスがあるのが特徴です。ほかの予備校と違い、学費が高額になってしまうことがありますが、質の高い授業を受けることができます。

医学部予備校には各予備校によって、独自のサービスがあります。個別指導や少人数指導、医学部受験に精通した講師陣はもちろん、自習や質問ができるブースが設置されているところがほとんどです。また、医学部独自の小論文や面接の対策を万全におこなってくれます。さらに、現役医大生によるアドバイスやフィードバックを直接もらえる予備校もあります。現役医大生からの話を直接聞くことは、受験に対するモチベーションアップにもなります。ほかには、受験生の健康管理までしてくれる予備校も増えています。全寮制の医学部予備校では、受験生ためにバランスの良い食事を提供してくれます。今後は医学部受験生の勉強面だけではなく、精神面や健康面をサポートしてくれる予備校が増えていくでしょう。

予備校を選ぶ基準

勉強をしている女子高生

予備校にも種類があり、どこでもいいわけではありません。自分に合った予備校を選ぶことが重要ですので、情報収集は欠かさないようにしましょう。体験授業ができるところもあるので、積極的に活用し、予備校選びの参考にしましょう。

Read more


一分野に特化した環境

微笑む女性

予備校は一分野に特化した学習をすることができる場所です。知識を蓄えるための授業をすることはもちろん、実際に模試をすることで自身の学力を知ることもできます。希望の大学合格には欠かせない存在となっています。

Read more